このブログでは,筆者が気が付いたことや疑問に思ったことなど,ジャンルによらず思いつくままに記事を投稿していく。

ブログを始めた時点で書こうと思っている主なテーマは以下の通り。

  • 理系の人間から見た,エセ科学を否定する
  • 一方で正しいであろう科学知識を,信頼できる根拠に基づいて調査・考察する
  • 旅をしていて思い浮かんだ考え
  • 旅に役立つ情報を少し
  • 本の要約(著作権の問題を調査中のため未投稿)
  • アニメなどの感想

 

そしてブログタイトル「毎日旅をする」について。

自転車で日本一周をしたときに,いわゆる”旅人”たちと話す機会が増えたのだが,皆が口をそろえて言うのは「自分のしていることを”旅行”と言われるのは何か違う」だ。

”と”旅行”というものの定義が,旅人どうしでよく話題に上がる。彼らは,そして自分も含めてその感覚は強く持っている。

辞書を引いてみても自分たちが持っている感覚を的確に説明する表現は見当たらない。筆者なりの”旅”に対する定義はこうだ。

 

変化を求めること。

何か行動を起こすことで,自身の内面や考え,世界の見方が変わること。

自分の住居を物理的に離れるかどうかは問わない。

 

かなり広い定義だが,これなら旅人も納得すると思う。例えば,一般的に”旅人”と呼ばれる者は何か目的をもって行動しているときよりも,思わぬ出会いや景色,出来事に最も興味を惹かれ,心を動かされる。旅人は自分の安定領域を離れる”移動”という手段を通して,自身の変化を得やすくしているのだ。

また,ふだん通っている道から外れて知らない道に入り込むことも,読書などをして知識を吸収することも,広く旅と言える。変化を求めているし,自分の世界が広がっているからだ。

もちろん,この「ブログを書く」という行為も自分にとっては”旅”だ。ブログタイトル「毎日旅をする」は,こうした変化を求める行動をし続けたいという考えのもとに名付けた。ロングセラー本の『仕事は楽しいかね?』にもあるように,「明日は今日と違う自分になる」だ。

 

似たような経験がある方も多いだろうが,筆者が自分の意思で人生で一番初めにした旅は,小学生のころに自転車で校区外へと飛び出したことだと自信を持って言える。あの時のワクワクを感じながら日々生きていきたいものだ。